千葉県松戸市の学習塾・進学塾。常盤平中、牧野原中、金ケ作中、栗ヶ沢中、柏南部中、酒井根中、逆井中の生徒さんが通ってくれています。

中学2年生 夏期講習詳細

中学2年生 夏期講習

①夏期集中授業

通塾スケジュール、学習内容に関しては、一人ひとりカウンセリングをして提案させていただきます。中学2年の夏は、ただの40日間の休暇ではありません。『中学生活の折り返し点』であるこの時期の過ごし方は、これから先の学習や入試にまでも大きな影響を及ぼします。
学習面で「中2の夏休みはこうやって過ごしてほしい」と思うパターンは大きく分けて三つあります。① ここからは一気に応用発展問題中心に切り替えて、スピードと学習レベルを上げて、入試対策の第一歩とする。
昨年から検定試験を積極的に受験してきた人も、このパターンに入ります。 ② 既習事項にちょっと不安を抱えながらだった人や、遅れを一気に挽回したい人は、復習をしつこく行い、
成績急上昇のきっかけとする。内容が難化するので、努力の成果が今までよりも出やすいのが、この時期の特徴です。
③ 普段受講していない科目の学習をすることで、受験対策を行う。1.7月までの学習内容を完璧にする
中2の2学期以降の学習内容は、入試に直結する重要事項が多く含まれています。当然、1学期までの内容と比べて内容も難しくなります。しっかり理解し定着させるための前提条件として、7月までに学習した内容の完璧な理解が挙げられます。もう一度復習し、不理解部分を残さないようにしましょう。2学期内容の学習の定着はこの復習内容の完全な理解にかかっているといっても過言ではありません。
また、中学2年範囲の大部分が終了している人は、英検・数検などの検定試験にどんどんチャレンジして自信をつけてもらえる素地をつくります。2.新出事項の学習
この夏を境にして、各教科とも学習内容はどんどん難しくなっていきます。そのため、一つひとつをマスターするにも、まとまった時間(練習量)が必要になります。予習を進めていくには、時間の取れる夏休みは最適です。
学習内容の定着には繰り返しの学習が不可欠です。塾で予習を進め、中学校での授業が復習になると自信を持って取り組んでいくことができ、更なる学習意欲が湧いてきます。≪新出単元例≫
① 不定詞
不定詞はその内容の難しさから、通常は2年次と3年次と分かれて学習するのが一般的なスタイルでした。しかし、それでは本当にマスターしたとは言えません。他の人よりも少し余計の努力で「一文中に2つの動詞がある」表現法をマスターしましょう。不定詞をしっかり理解することは、文法だけにとどまらず作文や読解にも良い波及効果が得られます。
② 動名詞
「不定詞との書き換えが可能」という簡単な説明で片付けられがちな単元ですが、実は前置詞や接続詞とも絡んで最もマスターが難しいと言われています。
連語・熟語表現が多く、手を抜いた人と努力を重ねた人の差が顕著に出る単元でもあります。
③ 一次関数
高校入試において出題率100%の関数分野の中核をかためます。一次関数は、さかのぼれば文字式や連立方程式など、過去に学習してきたものを土台として解答を導かないといけない単元です。座標を用いてさまざまな問題と融合されやすい、多くの人がつまずきやすいこの単元は、他単元より大幅に時間を増やして学習します。
④ 証明
証明とは、わかっている答えを正しいと順序だてて説明する問題です。つまり、これまでの数学は答えを求めるものだったので、性質が180度異なるものです。定義・定理・合同条件・性質などわかりにくい言葉が次から次へ出てきますので身に付けるのにかなりの時間と労力をかけなくてはいけません。その第一歩をこの夏に踏み出します。
⑤ 国文法(付属語)
複雑な助詞・助動詞を体系的に整理します。紛らわしい語の識別には、詳しい解説と数多くの演習をおこないます。国語は苦手な人は定期テスト対策としての学習、得意な人は入試問題の攻略法も効率よくマスターするための学習となります。3.受験に向けて総合力(5科目)の強化
2年半後の高校入試では、公立高校の場合、中1からの9教科の通知表と5教科の学力テストで合否が決まります。また多くの私立高校では、3教科の学力テストと5教科の通知表を見られます。1年半後の高校入試では、公立高校の場合、中1からの9教科の通知表と5教科の学力テストで合否が決まります。また多くの私立高校では、3教科の学力テストと5教科の通知表を見られます。受験での合否は総合力で決まります。
英語・数学は日頃から継続した学習をしている人が多いです。それに比べて国語・理科・社会の学習は、普段から時間を確保している人は多くありません。

≪国語≫
中学校の定期テストではあらかじめ知っている文章に関するテストであり、入試問題では初見の文章に関するテストになります。それを踏まえて学習していくことが必要です。長期休みの際は、一般的な文章を用いた学習をするチャンスです。
≪理科・社会≫
本格的に学習するのは中3からという人が多いです。しかし、3年分の内容を1年で学習することは困難です。それまでに知識をどれだけ貯金できるかで、中3時の負担が決まります。中2の間は、定期テスト前のテスト勉強と長期休みの際の講習、およそ2ヶ月に1回の集中学習が大切です。

夏期集中授業カリキュラム例

英  語

数  学

国  語

1

be動詞と一般動詞 数と式、方程式 説明文

2

一般動詞の過去形 比例・反比例 説明文 指示語・接続詞

3

be動詞の過去形 平面図形、空間図形 説明文 要旨

4

過去進行形 多項式の計算 小説文

5

未来の文 単項式の乗法、除法 小説文 心情理解

6

助動詞 連立方程式 小説文 主題

7

There is [are] ~. の文 連立方程式 応用 古典 歴史的仮名遣い

8

名詞・冠詞・代名詞 連立方程式 応用 古典 係り結び

9

いろいろな疑問文 一次関数 文法 助動詞

10

不定詞 一次関数 文法 助詞

理  科

社  会

1

大地の変化 地球のすがたと日本地理

2

静電気・電流と電圧 アメリカ合衆国

3

電力、熱量 東・東南アジア・EU

4

電流の利用 安土桃山時代

5

動物のからだ 消化・吸収・呼吸 江戸時代(前期)

6

動物のからだ 血液・感覚 江戸時代(中期・後期)

7

動物の分類 欧米の進出・明治維新

※上記は例です。実際のカリキュラムは、担当が一人ひとりに合わせて決定します。

【実力向上・知識定着テストを行います】
実力向上と知識定着のためのテストを行います。
英語と数学の基礎力定着テストでは、既習内容で実力テストや定期テストで試されやすい問題をパターン分けして毎回20~30問与えます。
国語は語彙量を増やすための漢字テスト、理科と社会は一問一答の暗記確認テストで、知識の蓄積を行います。

このページの先頭へ戻ります

②検定対策講座

各検定試験に合格するための講座です。検定試験を通して、目標に向かって努力する大切さを知り、合格を勝ち取ることができれば自信がつきます。そして、さらに次の目標に向けてがんばりたいという学習意欲の喚起につながります。
また、将来的に3級・準2級を取得することで高校入試の際に評価・優遇してくれるというメリットもあります。中2のこの時期から取り組んでいけば必ず取得できるようになります。受験で利用するためにチャレンジしてください。〈公立・私立高校受験における英語検定取得の優遇措置例〉

公立

木更津工業高等専門

専攻科

一般入試

準2級一次試験合格以上:英語得点に換算

市川昴

前期入試

3級以上優遇

柏の葉

前期入試

判定優遇

流山おおたかの森

前期入試

3級以上優遇

松戸

全学科

前期入試

3級以上優遇

船橋北

前期・後期

4級以上優遇

船橋市立船橋

普通科

前期入試

3級以上優遇

船橋東

前期入試

準2級以上優遇

松戸六実

前期入試

3級以上:「一般」分野の実績点加算対象の一つ

私立

我孫子二階堂

推薦入試

4級以上出願優遇

柏日体

推薦入試

3級以上出願優遇

昭和学院

A推薦

3級以上:出願条件内申点32以上を30以上とする

一般入試

3級以上:考慮

聖徳大学附属女子

推薦入試

準2級以上:2点、3級:1点内申加点

西武台千葉

推薦・一般

3級以上:内申点に加算

専修大学松戸

一般入試

準1級以上:特別考慮
2級:7点、準2級:3点、3級:1点 点数加算

千葉英和

準2級以上判定優遇

千葉商科大学付属

特進

推薦入試

準2級以上:内申基準を下回った場合に加点
(3級と他の検定3級合格者も対象)

その他

推薦入試

3級以上:内申基準を下回った場合に加点

中央学院

推薦入試

3級(一次合格可):評定不足の場合1ポイント加点

東京学館浦安

推薦入試

3級以上出願優遇

東邦大学付属東邦

前期専願

2級以上点数加算

二松學舎大学附属柏

S特選

推薦入試

準2級以上:1ポイント加点

進学

推薦入試

3級以上判定優遇

特選

推薦入試

準2級以上:2ポイント、3級以上:1ポイント加点

日出学園

推薦入試

3級以上:5段階評価の合計に1ポイント加算
さらに総合点に準2級以上:10点、3級:5点を加算

一般入試

準2級以上:10点、3級:5点を入試総合点に加算

八千代松陰

一般入試

準2級以上:内申点を+1

流通経済大学付属柏

Ⅰ類

推薦入試

準2級以上判定優遇

和洋国府台女子

特進

推薦入試

準2級以上:1ポイント点数加算

その他

推薦入試

3級以上:1ポイント点数加算

 

英検準2級対策講座
英検準2級合格を目指す講座です。英検準2級1次試験と同じ形式・レベルのオリジナル問題を解いて実戦演習を行うことにより英検準2級合格を勝ち取ります。英文法は高校1・2年生の重要文法をおさえます。会話表現や文章の並べ替えは、全般的な傾向、今後出題が予想される形式を捕らえて、十分対策を行います。また準2級合格に必要な重要単語・熟語を約1000、重要会話表現を約60与えます。リスニング対策もしっかり行います。この対策を行うことは、私立高校入試対策にもなります。この講座で対策を万全に行い合格を勝ち取ってください。

英検3級対策講座
英検3級合格を目指す講座です。英検3級は、中学3年生終了程度。英検3級1次試験と同じ形式・レベルのオリジナル問題を解いて実戦演習を行うことにより英検3級合格を勝ち取ります。英文法は3年生の重要文法の不定詞・現在完了・受動態・関係代名詞・分詞をおさえます。会話表現や文章の並べ替えは、全般的な傾向、今後出題が予想される形式を捕らえて、十分対策を行います。また3級合格に必要な重要単語・熟語を約1200、重要会話表現を約40与えます。リスニング対策もしっかり行います。

英検4級対策講座
英検4級は、中学2年生終了程度。英検4級と同じ形式、レベルのオリジナル問題を解いていき、実践演習を行うことにより英検4級合格を勝ち取ります。英文法は2年生の重要文法の未来、助動詞、比較、不定詞、動名詞をおさえます。会話表現や文章の並べ替えは、全般的な傾向、今後出題が予想される形式をとらえて、十分対策を行います。また4級合格に必要な重要単語・熟語を約700、重要会話表現を約50与えます。リスニング対策として大切なのは聞くことに慣れること。練習することで聞き取れるようになっていきます。

英検5級対策講座
英検5級は、中学1年生終了程度。英検5級と同じ形式、レベルのオリジナル問題を解いていき、実践演習を行うことにより英検5級合格を勝ち取ります。英文法は1年生の重要文法のbe動詞、一般動詞、疑問詞、can、現在進行形をおさえます。会話表現や文章の並べ替えは、全般的な傾向、今後出題が予想される形式をとらえて、十分対策を行います。また5級合格に必要な重要単語・熟語を約500、重要会話表現を約30与えます。リスニング対策として大切なのは聞くことに慣れること。練習することで聞き取れるようになっていきます。

漢検3級・準2級対策講座 
英検、数検、漢検と資格はいろいろありますが、「英検はもう取ってしまった」「数検は私にはムリ」「漢検なら何とか…」という人は、ぜひともチャレンジしてください。実戦形式で、演習を行います。間違えたところ、新しく知ったところは、きちんとノートにまとめ、何度も書いて覚えます。繰り返し演習を行うことで、出題パターンに慣れ、合格に近づきます!

このページの先頭へ戻ります

③1:2個別指導

先生1名が生徒2名を交互に直接指導していく、個人・個別指導(以下APS)での講習も行います。普段学びホーダイで受講していても、長期間の休みに弱点の補強、不得意科目の解消など、個人的なテーマを定めてのAPSでの学習が非常に有効な場合があります。
APSにおける個人・個別の学習は以下のような方に特にお勧めいたします。

ケース1 英語が苦手で1年生内容の総復習をしたい。
⇒英語の基礎を身につけなければこのまま苦手科目になってしまいます。1年生内容の復習を中心に徹底した対策を行います。
ケース2 数学の文章問題だけがいつも得点できない。
⇒文章問題を得意にするためには多くの類似問題演習が必要です。個人の理解度に応じた徹底した演習で苦手克服を図ります。
ケース3 平常授業では受講していないが理科が苦手。少しでも理科の得点を上げたい。
少しでも理科の得点を上げたい。
⇒学年・学校の授業進度に応じてカリキュラムを作成します。ここまでの苦手克服はもちろん2学期の予習まで幅広く行っていきます。


<APS夏期講習要項>
授業形態 1:2指導 1回80分授業
講習期間 7月~8月末(休塾日を除く)※開校日はこちらをご参照ください。
時   間 午前9:00~午後8:50の時間帯

  • 上記日時を講習期間とし、お申し込み後、授業日時の相談を行います。

 

【コース紹介】

10回コース

1:2指導の授業を1科目につき10回行います。1学期までの復習を含め、基礎から徹底して学習したい方にお勧めです。

6回コース

1:2指導の授業を1科目につき6回行います。2学期の予習と、1学期からのつながりを考慮し、授業を進める最も標準的なコースです。

オリジナル
学習コース

上記以外の授業回数をご希望の方、1:1指導をご希望の方はご希望に応じて授業回数、指導形態をお選びいただけます。
このページの先頭へ戻ります

中学2年生 各講習費用

夏期集中授業
費  用

5日間
10日間
15日間
20日間
5科目
19,440円
31,320円
43,200円
51,840円
4科目
18,360円
29,160円
39,960円
48,600円
3科目
17,280円
27,000円
36,720円
45,360円
2科目
16,200円
24,840円
33,480円
41,040円
1科目
12,960円
19,440円
25,920円
30,240円

指導科目  英語 数学 国語 理科 社会

検定対策講座
日  程  8月より検定試験日前日までの期間

費  用

講  座

内部生

外部生

英検準2級対策講座

20,520円

21,600円

英検3級対策講座

14,040円

15,120円

英検4級対策講座

10,800円

11,880円

数検3級対策講座

20,520円

21,600円

数検4級対策講座

14,040円

15,120円

漢検準2級対策講座

10,800円

11,880円

漢検3級対策講座

10,800円

11,880円

対策講座には検定受験料は含まれておりません。
塾での受験を希望される場合は、「検定試験申込書」に必要事項を記入の上、検定費を 添えてお申込みください。

APS個別指導(1:2指導)
日  程 ご相談の上、決定します
費  用 外部生 6回コース 23,980円 10回コース 38,340円

お気軽にお電話ください。 TEL 047-385-3440 月~金 / 14:00~20:00

PAGETOP
Copyright © 新・個別指導アシスト常盤平 All Rights Reserved.
お電話での問い合わせはこちら