千葉県松戸市の学習塾・進学塾。常盤平中、牧野原中、金ケ作中、栗ヶ沢中、柏南部中、酒井根中、逆井中の生徒さんが通ってくれています。

スペシャルインタビュー

  • HOME »
  • スペシャルインタビュー

中学生の頃1:1の個別指導で成績が伸び悩んだK.Aさん。集団授業のコースがあると思い、アシストを体験に。体験当日、映像授業を使う見たこともない授業形態にビックリ。今回はそんなK.Aさんに中学生の頃の話を聞きました。

 

中学2年生のとき、1:1の対人個別指導からアシストへ

▷まず、自己紹介をお願いします。
K.Aです。高校1年生です。

▷いつからアシストに通っていますか?
中2の夏期講習から通っています。以前は、1:1の個別指導の塾に、小6の終わりから通い、英語と国語を学習していたのですが、中学1年生の最初のテストで、英語が78点、国語が68点…。ショックでした…。
そのまま夏期講習へも通ったのですが、決められたテキストをただ進めるだけの授業で、本当に意味があるのか…。意味が無いような気がしてしょうがなかったんです。そして結局2学期の成績は良くならずに、中1の2学期で国語は辞め、英語は中2の1学期まで続けたのですが、同じ塾の他の友達も成績は特に変化がないし、もう別の塾へ変えよう!と決めて、アシストの授業を体験しました。

▷アシストに体験に来てみた感想は?
アシストは優秀な友達も多く通っていたので、期待して体験に来ましたが、正直、体験の印象は良くありませんでした(笑)。アシストは映像授業を使うのですが、今までの塾のイメージとは違って、色々と初めて体験することが多く、最初は戸惑いました。ただ、五香の集団塾のT塾なども考えたものの、アシストの方が仲の良い友達も多く、夏期講習費も安かったので、とりあえず中2の夏期講習はアシストに通うことにしてみました。


 

▷その後アシストに入塾したんですよね。その決め手は?
なんと言っても安いことです! 1:1の個別指導だと、科目を増やしたり授業コマを増やしたくても、お母さんに気を遣ってしまい、なかなか言い出せないことがありましたが、アシストなら全然気を遣わずにお願いできるところがいいところですね。

▷値段以外にも決めた理由ありますよね?(汗)
もちろんあります(笑)。アシストの授業は自分のペースで進める個別指導ですが、区切られていない教室では、周りの友達のことも意識するようになりました。同じ個別指導でも、自分だけのペースで進んで、どんどん進度が遅くなった1:1の個別指導とは全然違いました。また、「学びホーダイ」のせい(おかげ)で、進度が予定よりも遅くなると、残って勉強したりすることがあり、1:1のときは90分経過したら終わる授業だったのに、時間が経っても終わらない…。授業中の気分も勉強量も全然変わりました。

定期テストの順位が学年4位に!自立学習が勝負の決め手!

▷入塾してから、どんな変化はありましたか?
入塾後の中2の2学期中間テストで、数学が99点! 英・数の成績はだいぶ伸びました。1:1の個別指導の塾で、先生がすぐ横にいたときは、少し考えればできる問題も、ぱっと見でわからなそうだとすぐに質問してました。また、わからない単語などは、自分で調べずに、すぐに聞いてしまうようなところがありました。この苦労しない、頭を使わない学習が、その瞬間はできた気がするものの、その後、全然印象に残らず、覚えていない原因だったのか…と、最近になって気づきました。今はまず自分で考え、調べて、それでもわからないときには先生に質問する。その結果、家で勉強するときも、以前は「わからないから塾へ行って聞けばいいや」ってすぐに投げ出していた問題も悩むようになりました。今となってはこれが大きな変化だったのだと思います。


 

▷入塾後の2学期中間テストで成績アップ。その後の成績は?
実は中学時代に一番成績順位が良かったのは、その次の中2の2学期期末テストなんです。英・数の点数が上がってくると、理・社が見劣りするようになりました。アシストでは定期テスト前だけ理・社を追加する人が大変多く、私もやっと「理・社の成績も上げよう!」と考えられるくらいに成長してきたわけです(笑)。そこで私も、定期テスト前に理・社を追加するようにしました。すると、うまいこと理・社の成績も伸びて、学年4位まで順位を上げることが出来たのです。中1の最初の点数から考えたら信じられないところまで伸びました。これが最高順位です。その後もそれなりの結果を残せてはいたのですが、この4位を取った後、今となっては「失敗した~」と後悔していることがあります。それは学年4位を取ったご褒美に買ってもらった「スマホ」。スマホを手に入れてからついついスマホをいじる時間が増えてしまって、学習時間が減っちゃったんですよ(笑)でも、あのときは欲しかった…まあしょうがないですね。

アシストのいいところは?→塾へ行くのが楽しくなる。

▷入塾してから感じた、アシストのここがいい!というところを教えてください。
う~ん、やっぱり値段!このクオリティーでこの値段とか、前の塾と比べたらありえないでしょ。映像授業だから、時間が無いときは家でも進められるし、急な予定があっても振替ができたのも良かった。あ、このコメント普通すぎるかな?じゃあ、あとは…定期テスト前に増やす理社は最高。良い思い出しかない。

▷確かに、他には無い授業システムなんだけど。そういう授業システムを説明する感じじゃなくて、普通に、英・数とかの普段の授業内容とかで、いいところとかないですか?
ああ!英・数の授業の内容ですか。それはいっぱいありますよ。英語の基礎力定着テストって宿題が、同じことを反復するので、少し苦手でスタートした私には、ホント良かった。入試にはすごい役立って、最終的に苦手な長文がスラスラ読めたのは、あの宿題のおかげですね。数学も、定期テストの点数が上がったし、授業はもちろん良いのだけれど、宿題の量が多すぎず、かといって少なすぎず、絶妙!今思うと、宿題ってホント重要ですね。宿題をやったおかげで忘れないで済むのだな~としみじみ感じます。おかげで数学は、定期テスト前や模試の前に、特に勉強しなくても良い点数を取れたので、本当に楽でした。あと、学校では教えてくれない解法や公式もたくさん教わって、本当に役に立ちました。


 

▷システムや授業内容以外で、思い出に残ったこととか良かったことはありますか?
一番楽しかったのは、塾に同じ学校では無い友達ができたことですね。1:1の個別指導塾に通っていたときは、同じ学校の友達しかいなくて、塾で新たに友達が出来るということはなかったけれど、アシストの授業形態のおかげで友達が出来て、夏期講習や冬期講習のお昼ご飯の時間が楽しみで仕方なかった。あと塾長は黙っているときは一見怖そうだけど、口を開くと、やたらにいい加減だったりしてフレンドリー。楽しく塾へ通っています。

高校でもアシストを選んだ理由と、後輩へメッセージ。

▷高校合格と同時に塾を一旦辞めたのに、なぜまたアシストに戻ってきたのですか
正直行く当てがなかったから(笑)。通学路線上に、K塾やT予備校などの予備校もあって、体験には行ったんです。でも、K塾もT予備校も自分の目的には合っていませんでした。私は、内申を上げて推薦を取りたいと考えています。しかし、予備校の授業は、どちらかというと、センター試験などへ向けた、入試のための学習だったので、自分には合わないかな…と思いました。また、T予備校の方は、内申対策できそうな授業も選択できそうでしたが、たまたま体験のときに数学の質問をしたときの教え方が今一つで…。どこも映像授業という点では同じ。ただ、アシストは慣れているので、説明がわからないときには気軽に何度でも聞き返せますし、質問に対応してくれるベテラン先生もいつもいます。あとは、部活で毎日20:00頃の帰宅になってしまうのですが、その時間から毎日少しずつの時間を通うという、変則的なタイムテーブルで通うことができたので、よくよく考えたら、やっぱり満足できそうなのは、アシストしか無かったんです。

▷最後に、塾を考えている後輩(中学生)へ何かメッセージをお願いします。
高校受験までの3年間の学習を通して、英・数は、復習よりも予習が大切だと思いました。3年間の復習をする受験の時期の塾の役割も大きいけど、中1、中2の学校の成績を上げなくてはいけない時期の方が、塾の役割は重要かなと思いました。だから、できるだけ早く塾に通うことをお勧めします。塾はどこも合う、合わないがあると思います。私は授業スタイルも特徴的なアシストがとても合っていました。色々塾を体験するならば、アシストも体験してみるといいんじゃないかな、と思います。

お気軽にお電話ください。 TEL 047-385-3440 月~金 / 14:00~20:00

PAGETOP
Copyright © 新・個別指導アシスト常盤平 All Rights Reserved.